トップページ

岩手県奥州市水沢で椅子を作っています。最初は自分たち家族の座る椅子が必要で作り始めました。失敗を繰り返して少し形になってくると面白くなり独学で試行錯誤を重ねて現在にいたっています。

材料はチークを使っています。最初は身近にあったケヤキの古材を使っていたのですが、多くの注文があったとき今までの材料ではそろえられないで、憧れていたチークを使うことにしました。単価は高いのですが、独特な質感と仕上がったときの色合い(時間が経つと濃く変化していく)に引かれて使っています。単価が上がっていますし、輸入量が減って手に入らなくなるかもしれませんが、可能な限り使い続けたいと思っています。

仕上げはオイルフィニィッシュです。試行錯誤の末、自分のイメージした仕上げに近づきました。オイルはワトコを使っています。

座面はペーパーコードで編んでいます。デンマーク製のアンレースタイプで強度があり、耐久性も十分です。クッション性もあり、毛羽立つこともなく座面の材料としては最適かと思います。

座ったときに背骨や腰に無理な負担がかからないような背もたれの高さと形にしました。立っているときや正座、または座禅を組んでいるときと同じような背骨の形状で座り続けることができるように考えました。

生活の道具としてずっと使っていきたくなるような椅子を目指しています。椅子、テーブルのご注文承ります。ご連絡ください。

        TEL    0197−25−8308(菊池)

        メール cyin-ws@heart.ocn.ne.jp












© 菊池憲和 2014